ちゃーでものんでく?

お茶飲んで肩の力を抜こう。

Newby、アールグレイ、感想

Newbyのアールグレイは、スパイシーでパンチがあり、飲みごたえがあります。

香料は「これもベルガモットなの?」って感じで、一風変わった存在感のある香り付けです。あと、クミンシードっぽいスパイスの風味もあって、なんかインドって感じのお茶です。

パッケージ

今回飲んだのは、ティーバッグ版。デザインもインドっぽくてエキゾチックです。

Newby Earl Grey、パッケージ2
Newby Earl Grey、パッケージ

淹れ方

包装には、1カップに1包を100度のお湯で2-3分抽出すると書いています。

茶葉は、ティーバッグ1包あたり2g入っていました。普段はティーバッグのまま淹れていますが、今回ブログに書くために袋を開けてみました。

Newby Earl Grey、茶葉2
Newby Earl Grey、茶葉

ティーカップに1包淹れて2分も抽出すると濃すぎると感じるので、今回は開封しちゃったこともあり、ティーポット600mlに3包で淹れてみました。

Newby Earl Grey、抽出中4
Newby Earl Grey、抽出中

ティーバッグから出して抽出するのは初めての試みだったのですが、茶葉がプカプカ浮かんで全くジャンピングしないです。

抽出も早くて2分もしたら濃すぎな感じがします。

水色(すいしょく)・味

水色はきれいな赤みがかった茶色です。

味は、冒頭に述べたとおり、スパイシー。

ベルガモット自体がスパイシーなのか、スパイスが入っているのかわかりませんが、ベルガモット自体の風味もゆずの苦さを彷彿とさせるいい感じの苦味もあり、かなりいい!

Newby Earl Grey、水色2
Newby Earl Grey、水色

茶葉もしっかり存在感があります。

インドの茶葉ってことですが、ブレンドトータルでの特徴が前に出て、どこの地域か判別が難しい。ダージリンの余韻は感じないけど、アッサムのクセも感じません。

ウェッジウッドのアールグレイの上品で無難な美味しさの対局にある、個性的な美味しさです。

イギリスではスーパー(waitrose)でも売ってるような紅茶ですが、日本では見かけません。今回はAmazon Japanで買ったら、ポルトガルからEMSで発送されました。

ちょっと割高に感じますが、おいしいから多分また買っちゃいます。

茶葉

茶葉は、よく刻んであります。

Newby Earl Grey、抽出後、茶葉2
Newby Earl Grey、抽出後、茶葉

ルーズリーフのお茶も結構刻んであることが多いのですが、袋から出すとジャンピングしないで浮かんでいるだけだったので、更に細かく刻んであるんでしょうね?


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です