サイトロゴを作って、セットする

Google図形描写でサイトアイコンを作って、Twenty Twenty-Threeにセットした。

サイトアイコンは、通称「ファビコン」とも呼ばれる。

Twenty Twenty-Threeでは「サイトロゴ」ブロックで好きな場所に入れられる。

Twenty Twenty-Three、サイトアイコンブロック
Twenty Twenty-Three、サイトアイコンブロック

サイトアイコンブロックを入れた後、ブロックの設定で「サイトアイコンとして使用する」を選ぶと、ショートカット、ブラウザーのタブ、ワードプレスのロゴの代わりにサイトアイコンを使ってくれる。

ウェブページ上のロゴを削除しても、「サイトアイコンとして使用する」がオンになっている画像は、ショートカット、ブラウザーのタブなどであり続ける。

サイトアイコンのサイズは、ネット上で512 px x 512 pxが推奨されていたので、それで。

描画ソフトは、Google図形描画というGoogleアカウントを持っている人であれば誰でも使える無料ソフト。Windowsの「ペイント」よりできることがわずかに多い。

特に各要素の情報を保持できる機能は、編集が簡単になって助かる。あと、背景の透明を保持してくれるので、円形のロゴを作るときに便利だった。

ただし、漢字はダウンロードするときにフォントが微妙に変わってしまう。

注意点は…

  • 文字を使う場合はボールドにする
  • 円を使う場合は枠ギリギリまで広げる
  • 背景の色はぱっとしなくても濃すぎない色を使う
Google図形描画、サイトロゴ
Google図形描画、サイトロゴ


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です